ボストンピアノについて

 アップライトピアノのラインナップ

 グランドピアノのラインナップ

 ボストンとは

ボストンピアノはスタインウェイグループで販売するピアノとして、スタインウェイ&サンズ社の設計でカワイの浜松の工場でOEM生産されているピアノです。2009年11月より、PE(パフォーマンス・エディション)としてニューモデルになりました。
スタインウェイと同じように弦の張力を低めにすることで、音の響きを長く保つ設計になっています。また部品の材質などもスタインウェイ社のオーダーにより質の高い部品を多く使用しています。

 特徴

・響板
音を増幅する響板は、厳選したシトカスプルースを使用しています。他社の同サイズのグランドピアノよりも後部の幅を広く取ることで、面積を拡大しワンクラス上の響きを実現しています。
また、響板の厚みを均一にするのではなく、縁へ向かうに従って薄くする工法により、自由な振動とボリューム感を提供しています。

  

・支柱
ピアノの構造を支える支柱はアップライトピアノの場合、スタインウェイと同じように互い違いにずらして設置してあります。これは弦の張力の負担に合わせて必要な部分に設置しているためです。また、グランドピアノの場合は強度の高い放射状支柱になっています。

  

・アクション
アクションは総木製アクション(プラスティック無使用)になっています。また、突出した形状のアクションレールと、それにマッチした形状のフレンジを採用することで、アクションの安定性を高めています。

   

・ピン板
チューニングピンを保持するピン板は、11層の堅木メープルを、木目方向を60度ずつずらして貼り合わせています。こうすることで、チューニングピンをしっかりと保持して、調律を安定させます。

・弦
弦はドイツのレスロー社製を使用しています。