ディアパソン マーク ディアパソンピアノについて

アップライトピアノのラインナップ

グランドピアノのラインナップ

 ディアパソンの歴史

ディアパソンピアノの設計は日本のピアノ界の名工として知られる大橋幡岩氏です。
大橋氏は13歳で日本楽器(現ヤマハ)に入社し、日本楽器がドイツ・ベヒシュタイン社から招聘した技師シュレーゲルの薫陶も受けましたが、会社が量産化へ方向転換したのを機に退社しました。
そして、「自分が理想とするピアノを作りたい」との思いに駆られ、「理想のピアノ」を念頭に設計し、素材を選んで製作活動の末、1948年にディアパソンピアノの第1号が完成しました。
現在では河合楽器製作所が営業権の譲渡を受け、大橋氏の設計と仕様を受け継いで生産されています。

 特徴

「総1本張り」張弦方式

通常の中・高音部のピアノの弦は1本の弦をヒッチピンに掛けて2弦ずつ張られていますが、ディアパソンの上級モデル(DR−300、DR−500、DR−800)では、1本ずつヒッチピンに巻いて張弦しています。この方式はベーゼンドルファーなどヨーロッパの一流メーカーが採用していますが、製作に高度な技術と多大な時間を必要としますので、現在国産メーカーで採用しているのは、ディアパソンのみです。
この方式によって、弦を張る時に起きる弦のねじれを無くすことができ、音色
は濁りの無いクリアーなものとなります。

1本張り張弦方式

・弦(ワイヤー)

弦の振動によってピアノの音は発生します。ディアパソンでは、グランドピアノ全機種にドイツ製レスローワイヤーを使用して美しい純粋な音を生み出しています。

・ハンマー

ハンマーは弦を叩く部品で、ピアノの音色を決める最も重要な部分です。ディアパソンではアップライトの上級モデル(DL−132BC、DR−86WS、DR−88WSX)とグランドピアノの中・上級モデル(DR−30、DR−5、DR−6、DR−211、DR−300、DR−500、DR−800)にドイツのレンナー社製ハンマーを採用しています。また、それ以外の器種にはイギリスのロイヤルジョージ社のフェルトを使用したハンマーを採用しています。

ハンマー

・アクション

アクションは演奏者が押えた鍵盤の動きを、ハンマーが弦を打つ動きに変えて弦に伝える機構です。最近の一部の国産メーカーでは、アクションにプラスチックを使用していますが、ディアパソンではヨーロッパの一流メーカーと同じように木製のアクションを使用しています。

アクション
 ディアパソンピアノのサイトへリンク